新型コロナウイルスの感染対策について

新型コロナウイルスの感染対策について
~ 一人ひとりができる対策を知っておこう ~  
2021.1.20
1.毎朝、家庭で体温測定と健康チェックをしてください
□毎朝、検温結果と健康状態を『健康観察シート』に記入してください。必要時には提出してもらうこともあります。
□必ず登校前に『健康観察フォーム』に健康状態等を入力してください。
□発熱している場合や咳などの風邪症状がある場合は、登校せずに自宅で
休養してください。
□同居している家族に風邪症状が見られる場合も登校を控えてください。
□体温測定を忘れて登校した人は、教室に入る前に、職員室前で体温を測ってください。

2.マスクを着用してください
□登下校中や授業中にはマスクを着用します。予備のマスクも鞄に入れておきましょう。
□マスクを忘れた人は、職員室へ来てください。
□くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれません。次のような咳
エチケットを心がけてください。
    <マスクを着用している場合>
     ●マスクは汚染されています。マスクを一時的に外すときは、机の上に直接置くのではなく、ビニール袋などに入れましょう。
    <マスクを着用していない場合>
     ●ティッシュなどで鼻と口を覆います。
     ●とっさの時は袖や上着の内側で覆います。
     ●周囲の人からなるべく離れます。
□使用済のマスクやティッシュは汚染されています。必ずビニール袋などに入れて自宅に持ち帰りましょう。

3.流水と石けんでこまめに手を洗います
□特に、登校後(電車通学の人)、食事の前、咳やくしゃみ・鼻をかんだ後、トイレの後、
体育授業後、部活動後、帰宅後には30秒間かけて丁寧に手を洗います。
□手を洗った後は、清潔なハンカチでよく拭き取って乾かします。
友達とハンカチを共有することは避けてください。
□爪を短く切り、清潔にしておくことも大切です。

4.手指の消毒には、アルコール消毒液を利用してください
□各教室およびトイレの前にアルコール消毒液を設置しているので、積極的に
利用しましょう。
□アルコールに過敏に反応したり、手荒れの心配がある人は、無理に使用せず、
  石けんでこまめに手を洗ってください。
5.教室の換気をします(常時換気)
□対角線上の窓と戸を10cm程度開けて換気をしてください。
□悪天候の場合は、外気の入る窓は閉じ、廊下側の前後の出入口の戸を10cm程度開けます。
□寒さ対策のために、ひざ掛け等を上手に活用しましょう。

6.お昼ごはんを食べるときには・・・・
□食事の前後は手を洗います。
□食事のときには、飛沫が飛ばないよう会話を控えてください。
また、机を向かい合わせにしてはいけません。
□お弁当を友達と分け合ったり、飲み物の回し飲みをすることは厳禁です。
□食事の後は、すぐにマスクを着用します。

7.部室は少人数で使用し、長居をしません
□部室は3密(密閉・密集・密接)になりやすい場所です。会話をせずに、短時間で更衣をすませてください。

8.免疫力を高めましょう
□免疫力を高めるため、十分な睡眠、適度な運動、バランスのよい食事を心がけます。

9.正しい情報を収集します
□公的機関がホームページなどで提供する正確な情報を得て、冷静な行動をとりましょう。
□差別や偏見のもととなる「不安」を解消するためにも、正しい情報を得ることは大切です。


2021年01月21日