県立高校で唯一、衛生看護科を設置しています。

学科案内

衛生看護科・衛生看護専攻科

本校は5年一貫の看護師教育を行っています

衛生看護科での学習
(3年間)

衛生看護専攻科での学習
(2年間)

看護師国家試験

 

防高の看護教育の目的

人間尊重の理念に基づき、豊かな人間性を養い、看護者として必要な知識・技術を習得し、時代や社会の変化に対応できる資質の高い看護者を育成する。
 

こんな生徒を求めています!

1 将来に明確な目標を持ち、自分の夢の実現に向かってたくましく粘り強く努力する生徒
2 何事にも旺盛な意欲をもち、自主的に取り組む生徒
3 自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動する生徒
4 他人の心の痛みや悲しみを思いやる心をもった生徒
 

5年一貫教育のメリットはこれです!

衛生看護科を卒業後、入学試験を受けずに専攻科に入学できます。
普通科卒業後、看護学校や大学の看護学科に進学するよりも1~2年早く、看護師国家試験が受験できます。
 

文化祭での健康チェック外部講師を迎えて

    文化祭での健康チェック          外部講師を迎えて

衛生看護科・衛生看護専攻科に関する

Q1 男子も入学できるのですか?
A1 できます。現在も数名の男子生徒が学んでいます。意欲のある人は是非来てください。                   
 
Q2 寮はありますか?  
A2 ありません。通学が難しい人は、学校の近くの親戚の家やアパートから通っています。
 
Q3 高校3年間で准看護師の資格は取れますか?
A3  取れません。3年間ではカリキュラム上、准看護師受験資格取得に必要な授業時間が取れないからです。しかし5年間学習することで看護師国家試験の受験資格が取れます。
 
Q4 実習する病院はどこですか?
A4  山口県立総合医療センター、新南陽市民病院、三田尻病院、防府病院などです。他に訪問看護の事業所や通所リハビリセンター、ディサービス、保育所、老人福祉施設などで実習をしています。
 
Q5 他の高校を卒業して衛生看護専攻科に入学できますか?
A5  できません。
 
Q6 卒業後の進路はどうなりますか?
A6 看護師資格取得後、看護師として県内外に就職できます。また、保健師、助産師、養護教諭の資格を取るための学校への進学が可能です。
 
Q7 大学や短大への進学の道はあるのですか?
A7 高校3年を卒業する時点で高校卒業の資格がありますから、大学や短大への進学は可能ですが、カリキュラム等の関係で非常に難しいと思われます。しかし、専攻科卒業時については、平成27年6月に法律が改正され、専攻科から大学への編入学が可能となりました。編入学についての具体的な条件等は各大学で検討されることとなります。本校衛生看護専攻科においても大学への編入学制度に対応できるよう準備を進めていきます。
 
Q8 高校の専攻科と同じ5年間の高専とはどのように違うのですか?
A8 高専は、高等教育機関であって、高校の専攻科は中等教育機関です。従って、高校専攻科卒業の場合の学歴は高卒となります。
 
 
 
Q&A
Q&A
Q&A

在校生からのメッセージ

在校生からのメッセージ

私たち衛生看護科2年生は、同じ目標をもった仲間と元気に楽しく過ごしています。衛生看護科は1クラスだけなので、メンバーが変わらず5年間を一緒に過ごします。だから、クラスの絆はだんだん強まり、団結力の良さはクラスマッチや文化祭といった学校行事などで大いに発揮されます。
また学習面では、切磋琢磨し合ってお互いを高め合っています。看護の学習は専門的で難しいので、一人ではあきらめてしまいそうになることもありますが、仲間がいることで自然と乗り越えることがで きます。
校内実習では、生徒同士で看護師と患者になって、日常生活の援助の技術などを学習していきますが、そのような学習を通して看護をとても身近に感じることができます。
私たち41人は、みんなで将来に向けての大きな一歩を踏み出したところです。看護師の卵として一緒に看護を学んでいきましょう。 衛生看護科2年生

在校生からのメッセージ

衛生看護専攻科に進学し2年目を迎えました。専攻科では医師による講義も多く、より専門的な知識の習得を目指しています。看護師になるには様々な分野にわたる多くの知識が必要であり、毎日の予習や復習が大変重要となります。
病院実習では、患者さんの日常生活の援助を行うだけでなく、手術見学や分娩見学といった貴重な 体験をすることができました。知識、技術も少しずつ身につき、患者さんとの関わりからも看護すること の楽しさを実感しています。
そして今、日々の授業や最終実習に向けての準備と共に国家試験の勉強にも取り組んでいます。時 にはくじけそうになることもありますが、これまで一緒に過ごし困難を乗り越えてきた仲間との励まし合い が大きな支えとなっています。
現在最高学年となりましたが、ようやく看護師として働く自分の姿がイメージできるようになりました。 理想の看護師を目指して頑張りたいと思います。 衛生看護専攻科2年生

主な進学先

山口県立大学別科助産専攻
島根県立短期大学部公衆衛生看護学専攻
島根県立短期大学部専攻科助産学専攻
熊本大学養護教諭特別別科
岡山大学養護教諭特別別科
福岡水巻看護助産学校

進学就職

主な就職先

国立病院機構岩国医療センター
徳山中央病院
周南市立新南陽市民病院
山口県立総合医療センター  
防府消化器病センター
三田尻病院
済生会山口総合病院
山口赤十字綜合病院
小郡第一総合病院
山口大学医学部附属病院
宇部興産中央病院
国立病院機構宇部医療センター
国立病院機構関門医療センター
済生会下関総合病院
イムス三芳総合病院
聖マリアンナ医科大学病院
国立病院機構呉医療センター
中国労災病院
国立病院機構西広島医療センター
新小文字病院
福岡青洲会病院

進学就職
進学就職

看護師国家試験合格率   4年連続合格率100%

平成18年度 平成19年度 平成20年度 平成21年度 平成22年度
100% 100% 94.5% 100% 100%
平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
97% 98% 100% 100% 100%
平成28年度        
100%        

教育課程表

このページの先頭へ戻る